ケニアに恋して

初出勤

昨日、ナロクに赴任してきてやっと隊員らしくなってきました。

夜ごはんは偶然JICAの専門家の方が同じホテルに宿泊していると知ってちゃっかりご一緒させていただきました。
カウンターパートにあたる地元の方と一緒にお話をしたのですが、けっこう楽しかったです。
ナロクの情報などもちょこちょこいただきました。

やっぱり、この町はマサイマラの影響を受けてるみたい。
外国人は割と多いんだけど、ケニア人もマサイマラに行く途中なので旅行客がけっこう来るんだそうです。
人の出入りがあるってことはHIV対策の面から考えるとちょっとリスクが高くなるってことなんだけど、さてどうだろう?

今朝から早速初出勤。
職場に着いて、まずは上司と相談し、今後何をしていくか話し合いました。
希望を聞かれたので
・デフォルタートレーシング(治療を途中でやめてしまった人達の追跡)
・PMTCT(母子感染予防)
・アウトリーチ(出張でVCTや検診、ワクチン接種)
に興味があると答えました。

というわけで、今日はPMTCTからスタート。

ANC(Antenatal Care)でお世話になる事に。
ここでは妊婦さん達のケアを中心にしています。

私に与えられた仕事はクライアントの記録。
母子手帳を見ながらバイタル、妊娠週数、投薬・予防接種状況・検査結果などを記入してい来ます。
ここで難しいのは名前や住所が読めないって事(><)
ケニア人の名前には馴染みがないので覚えるのも時間がかかってしまうのです。

それでもなんとかこなしていくうちに要領が分かってきました。
お昼にマンダージとチャイで休憩して午後の部がスタート。
その頃にはだいぶ慣れてきました。

看護師さんたちも仕事の合間に色々と教えてくれます。
英語とスワヒリ語がごちゃ混ぜの会話だけど、なんとかがんばってついていく。
専門用語は割と聞けるので助かります。

午後には妊婦さんのHIV検査、子宮頚癌のスクリーニング、FP:Family Planing(腕にインプラントするの初めて見た)を見学。
更に薬やワクチンの種類や投与方法を説明してもらったり、コンドームディスペンサーの補充を手伝ったり。

そんなに忙しくないんだけど覚える事がたくさんあって、勉強しなきゃな~って気が引き締まる。

今日はHIV陽性の人はいなかったけど、ここでは月に5~6人程度が陽性で出るらしい。
月に来る妊婦さんが500人弱くらいで、そのうち新規は160人程度。
初診で来る人の3.5~4%くらいがHIV陽性。

明日もまた同じ部署に行く事になったので、今日やった事を復習して、やる事や知りたい事を考えて行こう。

初出勤はそんな調子で終了。
職場の雰囲気は、みんな優しくて良い感じです。
今の時期は過ごしやすいみたいで、日に当たるとちょっと暑いけど、日陰のベンチに座って風を感じるのはとても心地いい。
中庭に牛が入り込んで草を食べてる姿はびっくりするけど見てるとなんかまったりするし、子供たちはとってもかわいい。
この職場でうまくやっていけそうな気がするよ。

明日も頑張ります。
[PR]
by chura-harufu | 2010-02-24 23:52 | HIV/AIDS
<< 休日 赴任 >>



青年海外協力隊(エイズ対策)としてケニアでの生活をお伝えします
カテゴリ
全体
研修
ケニア生活
HIV/AIDS
病院
アロマ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
明日は初出勤
at 2011-07-31 00:39
沖縄でもケニアと交流中
at 2011-07-30 22:38
就職
at 2011-07-26 00:37
祝☆優勝
at 2011-07-18 09:59
いけてる伊計!
at 2011-07-14 15:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧