ケニアに恋して

教会事情

道を歩いてると後ろでジャー!っとバケツの水をこぼすような音が。

振り返ると牛さんがトイレの真っ最中でした。

そんなのどかなナロクの町です。


今日は日曜日

ホテルのレストランでのんびり朝食を食べていると、クリスティンからの着信が。

もうすぐホテルに着くから、一緒に教会に行こうとのお誘い。

慌ててトーストとオムレツをチャイで流し込む。


このケニアではクリスチャンが多く、教会もたくさんあります。
(近くにはモスクもありますが。毎朝5時頃そこから流れるコーランで目が覚めます。)

日曜日にはみんなそれぞれの教会へと出かけます。

クリスティンはカトリックです。
私の母もカトリックだし、アロマの師匠と超音波検査の師匠もみんなカトリック。
どうもカトリックに縁があるようです。

沖縄では何回かカトリックの教会には行った事があります。

こちらの教会はどうでしょう。

朝8時から第一回目のミサがスタート。

なんとなく予想はしてたけど、日本の教会と比べると音楽がすごいです。
多分他の教会よりはおとなしめなんだろうけど、割とアップテンポな曲でみんな歌ってます。
そして、制服を着た学生さんたちがたくさんいるのがちょっと新鮮でした。
学校の集会のような雰囲気です。

もちろん内容は英語とスワヒリ語なので、ついていけず・・・。
それでもなんとなくみんなに合わせて立ったり座ったりして2時間が過ぎました。

ミサ終了後に数人のケニア人に話しかけられました。
ボランティアで来てる事、病院でHIV対策に携わってる事を説明し、私の仕事内容に興味を持ってくれた様子でした。
やっぱりこういう所って人が集まるから何かの活動をしようと思ったら役に立ちそうだなって感じました。



その後クリスティンとは別れてホテルの部屋へ。

ちょっと勉強した後、バナナを買おうと30Kshを持ってタウンへ。

途中近所のアンのお店に寄り道。

そしたらなぜかまた教会へ連れて行かれました。
その時点でお昼過ぎてたのでもうないと思っていたのですが・・・。
なんとなく午前中別の教会に行って来たと言えないままミサに参加。


こちらは歌って踊って叫んでというタイプの、けして厳かとは言えない雰囲気の教会です。
その分ラフな感じで楽なのですが。

遅れて入ったので席は後ろの方。
立ち上がって踊りだすと前で何が行われてるのか分かりません。
アンが、「前に連れて行ってあげるね!」
と言ってくれますが、人が多すぎて行けません。
(その時点で、後ろでおとなしくしてるからいいと思ってました)

あきらめきれない様子のアンが、「後ろの台に立ったら見えるから登って!」

ちょっと恥ずかしいな~と思いながら台に立って私が見たものは・・・・。



舞台でマサイ族がジャンプしてる!!!!


前にも書いたけど、アンはマサイ族の女の子です。
その教会はマサイ族が集まるところだそうで、前の方にはばっちりマサイの衣装を着た男女がずら~っと。
街中でもマサイの衣装を着た人達は見かけるけど、正装となるとまた素敵です。

すごく飛んでるし、マサイの踊りを踊っています。
これが噂のマサイジャンプか~!!
ちょっと感動しました。
(ちなみにこちらのミサはスワヒリ語とマサイ語で行われてました)

マサイの人達って、やっぱりかっこいいかも。

この教会では毎回こういう感じなのか聞くと、今日は特別なイベントの日だったようです。

なんとなく流れのままに来てしまったけど、貴重な経験になったと思います。
「次はマサイマラに行こうね^^」とアン。
動物たちもたくさんいるし、マサイの人達の生活を紹介してくれるそうです。

うん、また楽しみです。



キリスト教とマサイってなんとなくミスマッチな気がするけど、社会的な宗教の役割を考えて行くとそれだけで論文が書けそうだなって思う今日この頃です。

a0155216_4505367.jpg

アンの家の子供たち
[PR]
by chura-harufu | 2010-03-15 04:55 | ケニア生活
<< 暖かい人たち 赤ちゃん >>



青年海外協力隊(エイズ対策)としてケニアでの生活をお伝えします
カテゴリ
全体
研修
ケニア生活
HIV/AIDS
病院
アロマ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
明日は初出勤
at 2011-07-31 00:39
沖縄でもケニアと交流中
at 2011-07-30 22:38
就職
at 2011-07-26 00:37
祝☆優勝
at 2011-07-18 09:59
いけてる伊計!
at 2011-07-14 15:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧