ケニアに恋して

珍味?雨の日のお楽しみ

この頃、ナロクの町は毎日雨が降ります。

おかげで、朝晩は特に冷え込み、今朝も吐く息が白いので、アフリカなのに不思議だなって思ったりして。


昨日の夜、またいつものようにアンの家に行こうとホテルの部屋を出ると、廊下もロビーも木の葉でいっぱい。

と思ったら、実はこれ虫の羽。

羽アリの一種で、こちらではクンビクンビという名前で呼ばれています。
(ちなみにマサイ語ではirigetendeイリゲテンデというらしく、アンが一生懸命説明してくれました。)

雨の後にやってきて、家の中に入ると羽が落ちて、床を歩きまわって何やら求愛活動(?)をするらしいのです。

おかげでホテルのエントランスには大量の羽が寄せ集められていました。
ぱっと見は落ち葉を集めたような感じですけど。

ケニアの西部のある地域では、このクンビクンビを食べるそうです。
ある日本人女性が書いた本の中でも登場してきて、彼女はご飯のおかずにしていたとの記述が。
味は卵に似て美味しいらしいのですが、今はまだ試してみる勇気はありません。

アンに聞いても、「そんなの食べないよ!」
と言われました。

いつか食べる日が来るのでしょうか。




そして今日は、病院の中を散歩していると、中庭で何やらしゃがみ込んでごそごそしている人たちが(写真)

「?」

近づいてみると、キノコ狩りをしていました。

なんでも、雨の後だから木の陰になってるところに大量のキノコが生えてきて、みんなで集めているところなんだそうです。

ちゃんと食べれるキノコで、「炒めてウガリと食べるとおいしいんだよ!」と嬉しそう。


雨の後には、食の楽しみが待っているみたいです。


病院も、雨のおかげで暇。

降ったのは朝だけど、交通が不便になるからかなって思ってたら、雨の後は畑を耕さなきゃいけないから忙しいんだそうで、病院になんて行ってられないんだって。

なんともケニアらしいなと感じた一日でした。
a0155216_191329.jpg

[PR]
by chura-harufu | 2010-03-25 18:58 | ケニア生活
<< 家が決まった! 検査技師のお仕事 >>



青年海外協力隊(エイズ対策)としてケニアでの生活をお伝えします
カテゴリ
全体
研修
ケニア生活
HIV/AIDS
病院
アロマ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
明日は初出勤
at 2011-07-31 00:39
沖縄でもケニアと交流中
at 2011-07-30 22:38
就職
at 2011-07-26 00:37
祝☆優勝
at 2011-07-18 09:59
いけてる伊計!
at 2011-07-14 15:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧