ケニアに恋して

伝統のこと

昨日はなぜかアンのお兄さんとお茶しながらテレビを見てて、結婚式の話に。
テレビではよく結婚式の映像が放送されるんだけど、それは日本とあまり変わらないような近代的なガーデンパーティみたいな感じ。

この辺ではどういう感じなのかって聞くと、マサイはやっぱり伝統的な結婚式が多いみたい。

みんなそれぞれの自宅で挙げるんだそうです。
で、花嫁はその儀式のときに髪を剃りおとし、決まった化粧を施して衣装を着て、割礼がまだなら割礼して・・・・。

って、そこでやっぱり割礼の話にくいついてしまいました。
この話ってタブーなのかと思ってたら、彼らとしては伝統を誇りにしてるので、けなしたりしない限りけっこう話してくれます。

HIV対策の観点からも、割礼って大きなポイントになっています。

男性の割礼は、HIV予防にはけっこう効果があるようで、割礼を受けた人は受けてない人と比べてリスクが3分の1になるという話もあります。
ケニアでdiscordant couple が多かったり、男性の感染率の方が低いのにはこれも影響してるんじゃないかなって最近思います。

実際、ケニアの中でも割礼をするしないは部族によって違ってて、西側の元々割礼をしないルオ人に対して国から推奨する動きがあります。
もちろんきちんとした衛生環境を整えた上でという条件はあるでしょうけど。

それに対して女性割礼(女性器切除:FGM)に関しては大きな問題とされています。
女性の心身に及ぼす傷は大きく、不衛生な環境下で行われる場合も多いため、その術中に死んでしまう少女もいると聞きます。
ちなみに、マサイでは女性は10才前後でFGMが行われているようです。
それについても色々話を聞いたので、また機会があれば書きたいと思います。



男性だと16~7歳くらいで受けるようで、それで初めて大人の男と認められるのだとか。

その儀式がちょうど来週あるそうです。

儀式に使うための伝統的なお酒の準備を金曜日に始めたようで、これまた伝統的な薬草やらハチミツやらを仕込み、樽に寝かせて1週間ほどで出来上がり。

この儀式は大抵学校が休みの時期(ちょうど来週のイースター、8月の夏休み、12月のクリスマス休暇)などにされる事が多いとのこと。

見た事ないと言うと、「一緒に行く?」
と誘われて「いいの」と一瞬テンションが上がったのですが、そういえばその日は新隊員のカリブパーティーの日。
ナイロビにいるから行けない、残念。

という事で、次に結婚式とか何かの儀式がある時には呼ぶねと約束して終わりました。
(カメラも忘れずに持ってきた方がいいよと言われたので絶対持参です)

マサイの伝統儀式って興味あるし、行きたい気持ちといいのかなって気持ちと半々。
どっちにしろ貴重なお話、貴重な経験だなって思いました。
[PR]
by chura-harufu | 2010-03-28 22:10 | ケニア生活
<< ナイロビ病院受診 家が決まった! >>



青年海外協力隊(エイズ対策)としてケニアでの生活をお伝えします
カテゴリ
全体
研修
ケニア生活
HIV/AIDS
病院
アロマ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
明日は初出勤
at 2011-07-31 00:39
沖縄でもケニアと交流中
at 2011-07-30 22:38
就職
at 2011-07-26 00:37
祝☆優勝
at 2011-07-18 09:59
いけてる伊計!
at 2011-07-14 15:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧