ケニアに恋して

再びラボ

今日はナイロビから健康管理員が、私の家をチェックしに来ました。
ちょっと緊張。

同期隊員二人も一緒に来ていたので、軽く我が家をご案内。

町とか病院も見るのかと思ってたら、書類を書く時間も含めて30分程度で終了しました。
そんなものなのか。


JICA号を見送った後は病院に戻りました。


先週までchest clinic を見学してましたが、今日からまた検査室に行く事に。

結核の検査についてはchest clinic で内容は把握できたので、更に喀痰検査を詳しく勉強しようと思ったのです。

そういうわけで、一日検査技師さんに張り付いてお勉強してました。


チャンバーの中で喀痰をスライドグラスに塗抹→乾燥→バーナーで固定

その後チール・ネルゼン染色(Ziehl-Neelsen stain)

大学の授業以来です。


この方法で、結核菌がいれば赤く染まります。
(染色って、試薬をかけて、時間を置いて、洗っての繰り返し。几帳面な人が向いてる仕事だよなって思います。なので私はラボの検査技師は向いてなさそう・・・。)


一連の作業が終わった後、いよいよ顕微鏡で確認。

のぞいてみると、いました。

赤くて細長い菌がしっかりと。


という訳でこの患者さんは肺結核と診断。

手間暇かかってます。


ただし、この検査で結核菌が見つからなくても、結核じゃないとは判断できませんので注意。


今日は、前回見学に来た時と比べて患者さんの数が少なく、スタッフにも余裕があったので他にも色々教えていただきました。

マラリア、腸チフス、梅毒、ブルセラ症などの検査や、血液型、血沈、尿検査、生化検査を見学。

血算は日本光電の機械が入っていてちょっと親近感。
で、検査結果をなんとなく見てたら、ヘモグロビンの数値が5未満っていうのが数件!

ええ!!(正常値:男性 14~17g/dl 女性 12~16g/dl)

思わず

「この結果って間違いないの?」

と聞いてしまった。

だって、2.6g/dlって人もいたんだよ。

「間違いないよ。その結果は小さい子供なんだけど、栄養状態がかなり悪いんだ。」

とのこと。


ええ~ !!


超高度な貧血です。

そっか、栄養状態が悪い子はけっこういるって聞いてたけど、ここまでひどいものなのか。

沖縄で乳児健診をやってた時赤ちゃんの貧血検査を担当してたけど、こんなに低い数値は経験した事なかったからちょっとショック。

どこか出血してるって訳でもないだろうに・・・。


この検査結果と住んでる地域、食文化、もちろん基礎疾患もだけど、比較してデータに出してみたいと思いました。




余談だけど、学校で貧血検査をやってるのって沖縄だけみたいだよね。
子供の時の恐怖を思い出す。
戦後の栄養状態が悪かった時期の名残らしいけど、ケニアでのこの数値をみたら、ここでも必要なのかもな~って思いました。
[PR]
by chura-harufu | 2010-04-28 04:23
<< クク チャパティ作り >>



青年海外協力隊(エイズ対策)としてケニアでの生活をお伝えします
カテゴリ
全体
研修
ケニア生活
HIV/AIDS
病院
アロマ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
明日は初出勤
at 2011-07-31 00:39
沖縄でもケニアと交流中
at 2011-07-30 22:38
就職
at 2011-07-26 00:37
祝☆優勝
at 2011-07-18 09:59
いけてる伊計!
at 2011-07-14 15:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧