ケニアに恋して

クク

ある日の夕方、薄暗くなった時間帯、アンの家の庭を歩いてると、

ズボッ!!

と、穴にはまってしましました。

誰?!こんなとこに穴を掘ったのは!

子供たちのイタズラかと思っていました。


翌日、犯人を発見。
にわとりでした。

一生懸命お腹で土をかきわけて穴を掘り、時々虫を見つけては「ラッキー♪パクッ!」と食べている。
そして砂風呂&寝床作りが終わった後、スヤスヤと寝てしまいました。
そんな様子を観察してて、けっこう飽きないものです。


にわとりの事はスワヒリ語で「クク」と言います。

牛や、ロバ、ヤギ、ヒツジの多いこの町ですが、その中でも多いと感じるのはこのにわとりです。

自分で餌を探してその辺をウロウロしてるので、歩いていて踏みそうになる事もしばしば。
そして前述のように道端で寝てる事があるので足元注意です。


アンの家でお茶を飲んでると、いきなり家の中に入ってきたりします。

そして、てくてく奥の部屋に行ったかと思うとすごい声で鳴いている。

さすがにびっくりしたけど、家の人は何も言わない。

私「にわとり、入って行ったけど、いいの?」

アン「ああ、あの子、毎日そこで卵を産んでるんだよ」

私「ええ!!家の中で」


その3時間後、無事卵が産まれたそうです。

そんなアンの家の日常。



庭には数羽のにわとりがいます。

その中でも、いつもお母さんについてまわる赤ちゃんがいました。

首のところがはげててちょっと不細工なんだけど、よちよちと一生懸命追いかける姿がかわいいな~なんて思ってほのぼのしていたのです。


ところが、いつのまにか見当たらなくなってしまいました。

私「ねえ、アン。前までいた、あのちっちゃいのはどこ行っちゃったの?」

アン「それが、猫に食べられちゃったんだよね~」


が~~ん

確かに、この辺、野良猫が多いです。

でもショック。



しょんぼりしてると、何かをじ~っと地面を見てる4歳のフェイスの姿が。

近寄ってみると、

フェイス「あ、マリエ、みて!むししゃんが、おやさいたべてるんだよ^^」

見ると、確かにバッタが葉っぱをむしゃむしゃ食べている。

5歳のシルビアは虫が怖いらしく逃げてしまったけど、フェイスは触れないながらも興味深々の様子。

私「ほんとだね~、食べてるね」

と、一緒に観察しておりました。


するとそこへにわとりが猛ダッシュでやってきて、パクッ!
そしてまた走り去ってしまいました。


フェイス「きゃ~~~!!マ、マリエ、た、た、たべちゃったよぉ、にわとりが~」

訴えるフェイス。

私「あ、うん、食べちゃったねぇ。」



この小さな庭では弱肉強食の世界が繰り広げられているのでした。
[PR]
by chura-harufu | 2010-04-30 01:37 | ケニア生活
<< アタラポシェ ピー 再びラボ >>



青年海外協力隊(エイズ対策)としてケニアでの生活をお伝えします
カテゴリ
全体
研修
ケニア生活
HIV/AIDS
病院
アロマ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
明日は初出勤
at 2011-07-31 00:39
沖縄でもケニアと交流中
at 2011-07-30 22:38
就職
at 2011-07-26 00:37
祝☆優勝
at 2011-07-18 09:59
いけてる伊計!
at 2011-07-14 15:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧