ケニアに恋して

日本からの便り

外は、激しい雨です。

今の時期は雨季なのですが、日本の梅雨とは違い朝晩だけ集中豪雨があって、昼間はからっと晴れる事が多い。

なので一日中じめじめする事はあまりないのですが、降る時にはかなり激しく、屋根が壊れる勢いです。

エルドレッドの隊員からは、昨日雹が降ったとのメールが来て驚きました・・・。


水と言えば、水道料金!

今日、大家さんのところに再度行って聞いてみたら、やっぱり何かがおかしかったらしく、結局200Kshでした。

何がおかしかったのかよく分からなかったけど、とにかくよかった。

大家さんの対応が早く、話も通りやすいので助かります。



さて、今日病院に行くと、DASCO(カウンターパート)が郵便物を届けてくれました。

JICAからの郵便物ですが、その中に日本からのお手紙が入っていました。

日本で勤めていた健診会社で一緒に働いた看護師さんです。

前に、福山さんのコンサートに連れて行ってくれた人。


そのハガキが、ちゃんと福山さん(龍馬伝)なので思わずにやけてしまいました^^

a0155216_1161656.jpg



龍馬伝、最初の何回かは見れたのですが、最近はネット代もけっこうかかるので見れてません。
日本では話題になってるのかな?

ハガキの文章を読みながら、懐かしくて嬉しくて、なんだかすごく元気になりました。

よし、今日もがんばろう


日本から来た物と言えば、母が送ってくれたハワイアンキルトの手作りグッズがあります。

a0155216_1184073.jpg


携帯入れは、皮の紐がついているのでズボンのベルト通しにかけて、更にピックポケッター(泥棒さん)に盗られないようにポケットの中へ。
これなら大丈夫でしょう。

寝る時にはベッドの柱にかけられるのも便利。
丁寧に縫われてるのでとても丈夫だし、重宝しています。
端っこのリングには友達のmarieちゃんが餞別にくれた小型のライトをつけていて、これがかなりお役立ち。

もうひとつ、ハワイアンキルトで作ってくれたキーケース。

ケニアはやはり日本と違って治安が悪いという事は、この鍵の数が物語っています。
ゲートの鍵、玄関前のグリルの鍵、正面玄関の鍵、裏口の鍵、ベッドルームの鍵、キッチンの鍵。
他にもスーツケースの鍵、そのベルトの鍵、ロッカーの鍵・・・。
とにかくたくさん!

普段持ち歩く鍵はこのキーケースに入れてこれまたポケットの中へ。
これなら鍵が刺さって痛いって事もありません。

お母さん、ありがとう。

お揃いで作ってくれたポーチは、アンにあげました。
ビーズが縫い付けられてて、とても綺麗だと、気に入って使ってくれています。



で、もうひとつ、いつも身につけているのがこれもmarieちゃんがくれた小銭入れ。

フックをつけて、ベルト通しにかけ、これもポケットへ。

(けっこうポケットがボコボコかもしれないけど、いいんです)

ここでの日常のお買い物は、せいぜい100Ksh程度しか使わないので、コインがささっと出せるこの小銭入れは役に立ちます。

marieちゃんは、生年月日が全く一緒で、名前も同じという偶然が重なったところから友達になりました。
そして、私が協力隊に応募するきっかけになった人でもあります。

私の協力隊生活は、marieちゃんのおかげで成り立っている、といっても過言ではありません。

ほんとにありがとうね、marieちゃん。


遠く離れたケニアでも、日本との繋がりを感じてられるグッズは私のお守りです。
[PR]
by chura-harufu | 2010-05-11 01:20 | ケニア生活
<< 勉強の日々 ビーズ細工 >>



青年海外協力隊(エイズ対策)としてケニアでの生活をお伝えします
カテゴリ
全体
研修
ケニア生活
HIV/AIDS
病院
アロマ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
明日は初出勤
at 2011-07-31 00:39
沖縄でもケニアと交流中
at 2011-07-30 22:38
就職
at 2011-07-26 00:37
祝☆優勝
at 2011-07-18 09:59
いけてる伊計!
at 2011-07-14 15:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧