ケニアに恋して

またしても・・・

本日、また電気が止められました。


日曜日に電気料金の請求書を受け取ったのですが、そこに書かれている支払い期限が金曜日。
すでに過ぎている。

「はぁ?何それ?」

月曜日に急いで払いに行こうと思ったのですが、アウトリーチで遠いところに行ったため帰ってこれず。

火曜日、職場の人に、遅れますと伝言して銀行へ。

そして水曜日。無情にも電気はあっけなくストップ。


・・・・・・・・。 不条理だ。


だって、無理でしょ!!


うが~


このままではいつ復旧するか分からない。


毎回ファリアに頼むのも気が引けるけど、とりあえず電話してみた。
忙しそうな感じだったけど、専属の電気屋さんに連絡取ってみるから待っててとの事。


でもその時点で結構薄暗い時間帯。

なんかムカつく!

いつも子連れで門の前にいるガードマンのおじちゃんに訴えてみた。

「ねえ、電気止められてるんだけど、なんとかできない?」

「ああ、今朝電気会社の人が止めに来てたよ。ほら、他の家も何件か止められてるでしょ?料金の支払い遅れたの?」

「遅れたって言われても、請求書が来るのが遅いんだもん!金曜日が期限なのに、日曜日に持って来たんだよ!おかしいでしょ~が!」

「ははは。それはねぇ、請求書が来る前に支払わないとダメなんだよ。直接電気会社に問い合わせるとかしてさ。」

何~?そんな仕組みだったのか?そういえば、そんな話をどっかでちらっと聞いた気もするけれど・・・。

「あの6番の家の人も、朝止められたんだけどちょうどその時家にいて、すぐに出てきて文句言ってたよ。で、多分今日支払いしてすぐ復活したみたい。」

え~! そんなの不公平。

「じゃあ、私はどうしたらいいの?今日はもう復活しないの?」

「とりあえず、ファリアに連絡しなよ。彼女ホテルとかお店のマネージャーもやってるから忙しいと思うけど頼れる人だからさ。」


しょぼ~ん。さっき電話したけど、確かに忙しそうだったんだよね。


「わかったぁ。ありがとうね。」


暗い部屋で、なんか切ない。

ため息ついてると、コンコン、とノックの音。

出てみるとさっきの警備員。


「あのさ、電気会社の人がどこを切って止めたのは分かるから、一緒にいじってみる?」

ゲートの横のボックスの中に、配電盤(ていうのかな?)がありました。

二人、懐中電灯で照らしながらいじってみた。

中を分解しないと簡単には直せない。

「やっぱり、専門の人じゃないと無理みたいだね。」

「うん、仕方ない、ありがとうね。」

そしてまた、とぼとぼ。


今日はもう、寝るしかないかぁ。


コンコン。

再度ノックの音。


「修理の人の電話番号、分かったんだけど、かけてみる?多分ファリアは忙しいから連絡できないでいるのかも。」

で、かけてみてると、タクシー代を出してくれるなら来れるという。

タクシー代、往復200Ksh。

今回支払った電気代、265Ksh。


う~ん。


でも、このままだといつ復活するのか分からない。

温かいシャワーも浴びたいし。


思い切って呼んでみました。


警備員と一緒に見守る中、切られたコードを接続し直す作業、約5分。


パチッとスイッチを入れた瞬間、部屋に明かりが灯りました。

ちょっと感動。


二人にお礼を言って、タクシー代の200Kshを渡す。


「次からさ、SMSを使って電気代確認したらいいよ。明日やり方教えてあげるね。そしたら大丈夫だから。もしまた電気で困ったらさっきの人呼んだらいいし。」


なんか、プンプンしてた自分が情けないわ。

ここがケニアだって、分かってたつもりなんだけど、分かってなかったんだな。


親切な警備員さん、ありがとう。
[PR]
by chura-harufu | 2010-07-15 04:46 | ケニア生活
<< アウトリーチとPMTCT ナクル >>



青年海外協力隊(エイズ対策)としてケニアでの生活をお伝えします
カテゴリ
全体
研修
ケニア生活
HIV/AIDS
病院
アロマ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
明日は初出勤
at 2011-07-31 00:39
沖縄でもケニアと交流中
at 2011-07-30 22:38
就職
at 2011-07-26 00:37
祝☆優勝
at 2011-07-18 09:59
いけてる伊計!
at 2011-07-14 15:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧