ケニアに恋して

アウトリーチとPMTCT

ベッドから降りようとして、そばに置いてあったらサイレン付きメガフォンを蹴っ飛ばしてしまいました。

その途端大音量で警報が・・・。

パニクッてどうやって消していいのか分からず焦ったわ~。



そんな私の今週のお仕事は、半分はアウトリーチ、残りはPMTCT(母子感染予防)でした。


アウトリーチは相変わらず、ガタゴトのラフロードを揺られて現場まで。

a0155216_5403157.jpg
a0155216_5451238.jpg

途中の道でタイヤがパンクし、1時間立ち往生、という事も。
ここはトウモロコシ畑のど真ん中。



孤児を対象にHIV検査を実施しています。


検査の前にはHIVについての簡単な説明をします。


「HIVはどうやって感染しますか?」

という質問に、小学校低学年くらいの子達が、

「セックスでかかります。」

と答えています。


ちゃんと分かってるというのも、なんだか複雑な気分になります。



会場は大抵学校の教室を使いますが、最近は教会を利用して行う事も多くなりました。
検査の前にはいつものようにまずはお祈り。

a0155216_5385123.jpg

右側の建物が教会

印象的だったは、壁に飾られているキリストの絵。

私のイメージの中のキリストは、白人で、長めのウェーブヘアーだったのですが、ここでは黒人でした。

浅黒い肌に、チリチリの短い髪。

周りに描かれている人達も、マサイっぽい衣装を着ています。



ケニアに来て意外に感じるのは、キリスト教がかなり浸透している事。
スワヒリ語さえうまく話せないようなマサイのママでも、ちゃんとお祈りの言葉を知っているのです。

ここに来るまで、マサイって独自の宗教色が強いんだろうと思っていたので、けっこう驚きました。


でもやっぱり、今まで見た事のないキリストの姿に、ちょっと考えさせられるなって思ったりもします。

a0155216_5501550.jpg


a0155216_5582731.jpg

麦畑の中にある学校は、周り一面金色。風に揺られてファサファサ~という音色が心地よい。

そんな感じで200人くらい検査して、2人ほど陽性が出るという状況。

陽性の子供は、今後団体からサポートを受ける事になります。


a0155216_5524819.jpg
a0155216_554351.jpg

帰り道、癒しを求めて滝を見に行きました。




PMTCTの方は、最近主に妊婦さんのHIV検査のお手伝いをしています。

やっと少しずつ言葉が分かるようになってきて、検査前後の説明をスワヒリ語でするようにしています。

ちゃんと真剣に聞いてくれて、質問をしてくれる人もいます。

もっともっとしゃべれるようになって、うまく説明できるようになりたいな。

勉強しなくちゃね。
[PR]
by chura-harufu | 2010-07-18 06:04 | HIV/AIDS
<< アメリ気分な日曜日 またしても・・・ >>



青年海外協力隊(エイズ対策)としてケニアでの生活をお伝えします
カテゴリ
全体
研修
ケニア生活
HIV/AIDS
病院
アロマ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
明日は初出勤
at 2011-07-31 00:39
沖縄でもケニアと交流中
at 2011-07-30 22:38
就職
at 2011-07-26 00:37
祝☆優勝
at 2011-07-18 09:59
いけてる伊計!
at 2011-07-14 15:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧