ケニアに恋して

物を捨てる

私の事を良く知っている人なら分かると思いますが、お掃除はあまり得意ではありません。

生理整頓とかかなり苦手。

本でもなんでも、捨てるのも苦手で、結局いらないものがたくさんで中々片付かない。

今でも実家の奥深いところには、

「これ取ってても必要ないだろう」

と思うような物達が眠っているはず。


ああ、家族に怒られそう。

そこいくと、妹は正反対で、いらないものはバシバシ捨てて、シンプルに生活しています。
見習いたいものです。


ケニアでの生活は2年間限定。

それが最初から分かっているから、「物」に対する向き合い方が少し変わってきた気がします。


2年経ったら日本に帰るから。

その時持って帰れるものなんて、こっちに来た時に使ったトランクと、郵送する数個の段ボールに入る程度。

だからいつも、自分にとってホントに必要な物はなんだろう?って、考えながら家中の物を見るようになりました。

2年経ったら捨てるもの、人に譲るもの、持って帰るもの。


そして普段からいらないものは溜めこまない事!


最近までは、どうせ帰るなら何も買わなくてもいいかって思ってたんだけど、

「2年は結構長いよ。だから、やっぱ快適にしないと。」

というような事を友達に言われて、ああ、そうだな、と思いました。


そういう訳でソファを買う事を決めたのですが、買ってホントに良かった。

なんと言うか、生活の中に心のゆとりが生まれた気がします。

いつも部屋を綺麗にして、自分にとって心地よい空間に保とうという使命感(?)が湧いてきます。


2年しか使わないから、その分大事に使っていこうと思っています。



そういうシンプルライフを目指す今日この頃なのですが、その分職場の環境の悪さがやたら目につくようになりました。


前から思ってはいた事ですが、採血に使っている部屋が最悪なのです。


全体的に埃っぽくて、部屋の片側に置かれている機械類も

「何年拭いてないとこうなるの?」

という状態。

a0155216_342080.jpg

手が開いた時には、とにかく拭いてまわってる。

採血するテーブルでは、細菌培養も行われている・・・。


部屋の半分くらいはよく分からない段ボールで埋め尽くされてるけど、いったいなんなのかしら?
a0155216_344957.jpg



試しにいくつかの段ボールを開けてみた。


「お?HIVの検査キット、こっちは肝炎ウイルスのキット・・・・って!全部期限切れですか!」

なんでこんな無駄な物がたくさんあるんだろうか


そして他の段ボールには大量のマラリア検査キット。

こっちは期限は一応切れてない。

でも、院内でこれを使っているのは見た事ない。

それでアシスタントの人に聞いてみると、


「この検査キットだと、4種類あるマラリアのうち1種類しか検査できないから使わないんだって。」

「じゃあなんで、こんなに大量に注文したの??しかもずっとこんなとこに埋もれて、期限が切れるの待つだけ?(切れても捨てない気がするけど)」



そして、まさかと思って、今まさに使っている採血管ををチェックしてみた。


・・・・。


使用期限、2010年2月になっている。
しかも段ボール2箱分、未開封。


これも切れてるんじゃないか~><


信じられない。


すぐに検査技師に確認に行ってみた。


「ああ、切れても大丈夫だから、そのまま使って。」



さらに信じられない。


こんなのやだ~。


なんで、もっと計画的に発注かけて、在庫確認しないのか。

やはり日本の常識は通用しないのでしょうか。



とりあえず、しばらくはいくつかの部屋の環境改善に努めたいと思います。


コツコツ物を捨てていき、せめて衛生状態をまともにしたい。


この病院ではかなりの大仕事になりそうです。



やっぱり、普段からいらない物は溜めこまない事!

がんばります。
[PR]
by chura-harufu | 2010-07-28 03:45 | ケニア生活
<< 避難生活突入 避難勧告 >>



青年海外協力隊(エイズ対策)としてケニアでの生活をお伝えします
カテゴリ
全体
研修
ケニア生活
HIV/AIDS
病院
アロマ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
明日は初出勤
at 2011-07-31 00:39
沖縄でもケニアと交流中
at 2011-07-30 22:38
就職
at 2011-07-26 00:37
祝☆優勝
at 2011-07-18 09:59
いけてる伊計!
at 2011-07-14 15:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧