ケニアに恋して

一人一人に出来る事

地震発生後、ネットからは色んな情報が溢れてる。



悲惨な映像が流される中、被災地で必死の救助にあたる自衛隊の方たち、、海外諸国からの援助の申し入れや励ましの言葉、お互い助け合う人々の姿に胸が熱くなる。

がんばれ日本!→https://docs.google.com/document/pub?id=1UmFXi9xxYkZcNLIC-q4RsdrbhCDk8PisESXoxlGmRCY


皆がそれぞれ、自分にできる事は何かって考えて行動しようとしてる。


妹は自分のカフェで売れたクッキーの売り上げを寄付に回すらしい。
1756’s Cafe → http://inagorou.ti-da.net/


私に出来ることと言えば、祈る事とわずかな募金。
少しでもこの気持ちが届きますように。




私たち、日本人だけじゃなくて、人の思いやりとか助け合う気持ちとか、非常事態での対応力とか、知恵とかそんな色んなこ事が試されてるような今の現実。

人の強さを信じてるから、感謝の気持ちを忘れなければ、きっと日本は大丈夫。




ケニアの生活では、停電や断水は日常茶飯事。

他の隊員では2ヶ月電気が止まってた人や、今年に入って一回も水道から水が出てないって人もいる。
そもそも、元々電気も水道もないって国の隊員もいる。

電気や水のありがたみはここにきて良く分かってる。
元からないなら備えもあるけど、いつもある物がなくなった時の方が急に対処できなくて困るものだし。



いかに今までの生活が恵まれてたかを振り返るチャンスなのかも。

資源を大事に大事に使いましょう。
節電ポスター→ http://setsuden.tumblr.com/


 ----------------------------------------------------------------------------------------------



エイズ対策のメーリスでは、以下の連絡が回ってきました。
被災地でのリアルな医療現場の様子に思わず涙がこぼれる。



NTCで講演のあった「地球のステージ」の桑山先生事務所が
宮城県名取市にあり、被災されたそうです。
先生は、医師として必死に被災者に支援をされているということですが
一緒に働いていた看護師さんも被災されていて手が足らない状況だそうです。

下記ブログ内で看護師と募金の募集を行っています。
■桑山さんブログ
http://blog.e-stageone.org/

■募金先:
郵便振替
口座番号:02260187792
加入者名:地球のステージ

(地球のステージHP)
http://www.e-stageone.org/

 ----------------------------------------------------------------------------------------------



NTC(福島・二本松にあるJICAの協力隊訓練所)も、原発避難民の避難所として解放されるらしい。
私も行った事ないけど、ここなら快適なはず。

http://bit.ly/jica1103015
[PR]
by chura-harufu | 2011-03-14 17:45
<< 平凡な日常 同期のブログより >>



青年海外協力隊(エイズ対策)としてケニアでの生活をお伝えします
カテゴリ
全体
研修
ケニア生活
HIV/AIDS
病院
アロマ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
明日は初出勤
at 2011-07-31 00:39
沖縄でもケニアと交流中
at 2011-07-30 22:38
就職
at 2011-07-26 00:37
祝☆優勝
at 2011-07-18 09:59
いけてる伊計!
at 2011-07-14 15:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧