ケニアに恋して

ウォーキングサファリ

今日はまたナイロビです。


ナロクの家を出発する直前、オサマからの電話。


「マリエ、シュクリン(オサマの息子さんのお嫁さん)が産気づいたよ!会いに来てくれ。」


オサマが言うには私の名前を呼んでいるらしい。


シュクリンは英語もスワヒリ語もできなくて、ほとんどソマリア語しか話せません。
一緒にいる時はいつもオサマが通訳するか、なんとなく身振り手振りで意思疎通する感じ。

なんで私の名前を呼んでくれたのか分からないけど。


とりあえずオサマの家に訪ねて、シュクリンに会って励ましてきました。

まだ10代だし、初産だし、家族以外言葉が通じない環境だし、不安だろうなぁ。

今日はまだ産まれそうにない感じだったから明日連絡があるかもしれない。
ホントはお産に付き添ってあげたかったけど、ナイロビから健康な赤ちゃんが産まれる事を祈ってるからね!







話は変わって、タイトルのウォーキングサファリ。


ちょっと前の話になるけど、ナロクから車で2時間ほどのナイバシャにある、ヘルズゲート・ナショナルパーク。

同じ任地のさっちゃんと一緒に日帰りで行ってきました。

a0155216_8132061.jpg


名前の通り、「地獄の門」のような峡谷があるこのナショナルパークは、ケニアの中で唯一歩いてサファリができる場所。

a0155216_8291848.jpg

ロッククライミングもできるらしい。

今回私達は自転車でサファリをしました。
なので、サイクリングサファリ。

元々自転車は乗り慣れてなくて、ゲートに着くまでが緩い坂道になっててそこですでにくじけそうになった・・・^^;

でもゲートを越えて、昔川底だったという草原を風を受けて走るのは気持ちがいい。

a0155216_8175681.jpg


シマウマやバッファローやイボイノシシやダチョウを間近に見ながらのサイクリング。

a0155216_8164891.jpg

こんな近くにシマウマ
a0155216_821361.jpg

正面から見るとこんな感じ。シマウマの顔、お面見たい

1時間ほど走った後、今度は歩いて渓谷の底へ。


映画の撮影にも使われたこの場所は、川の水に削られた土の壁が芸術的で不思議な空間。
a0155216_8241194.jpg

a0155216_8282166.jpg

誰かの写真を見て一度は絶対来たいと思っていたんです。

a0155216_8251212.jpg

a0155216_8264990.jpg

温泉もあって(入れないけど)、すごく楽しかった。

a0155216_8325952.jpg



一日弾丸ツアーで二人ともへとへとになったけど、楽しかったです。


ケニアに来るならここもお勧めの場所の一つ!

きっと楽しめると思います。
[PR]
by chura-harufu | 2011-06-19 08:29 | ケニア生活
<< 産まれた! これな~んだ >>



青年海外協力隊(エイズ対策)としてケニアでの生活をお伝えします
カテゴリ
全体
研修
ケニア生活
HIV/AIDS
病院
アロマ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
明日は初出勤
at 2011-07-31 00:39
沖縄でもケニアと交流中
at 2011-07-30 22:38
就職
at 2011-07-26 00:37
祝☆優勝
at 2011-07-18 09:59
いけてる伊計!
at 2011-07-14 15:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧