ケニアに恋して

産まれた!

サッカー大会の準備で連日パタパタしてたんだけど、ナロク隊でミーティング中にオサマからの電話。


「シュクリーンが病院にいるんだけど、状態が良くないらしくて、手術になるんだ。タクシーで迎えに行くから来てくれないか?」


その時点で忙しくて手が離せなくて、色々片付けてようやく病院のマタニティへ。


へその緒が首に絡んでしまって赤ちゃんが出てこれないらしい。

それで帝王切開をする事に。


「いきんじゃダメ!」

と看護婦さんがスワヒリ語と英語で声をかけるけど、ソマリア語しか話せないシュクリーン。

「あなた達、普段どうやってコミュニケーションとってるのよ!」


いつもは、ジェスチャーかオサマに通訳してもらってるんだよね。

妊娠も、もちろん出産の経験もない私は、日本語で声をかけながらシュクリーンの小さな背中をさすってあげる事しかできません。


手術室に入った後も、ソワソワしながら外でウロウロ。


しばらくして

「女の赤ちゃんよ!」

って言われた時にはものすご~くホッとした。

やっぱり、日本の病院とは違うし、不安だったから。


産まれたての赤ちゃんを抱っこさせてもらって、さすがに緊張したけど幸せな気分になりました。
a0155216_8425044.jpg


私がいるうちに産まれてよかった。

これから大きくなっていくこの子を見れないのが残念だけど、きっとママに似てかわいい女の子に育って行くんだろうね。




翌日、サッカー大会の準備の為に来ていた同期と病院に行って、シュクリーンの幸せそうな顔を見てまた幸せな気分になりました。
a0155216_8434777.jpg

あくびしてるのがかわいい
a0155216_8444397.jpg

産まれたての赤ちゃんは、黒人の子でもしろいんだよ





せっかく同期が来てくれたので、ナロクミュージアムや町をぶらぶら歩きました。
a0155216_8464642.jpg

パイナップル食べたり(10Ksh)
a0155216_8481499.jpg

ソーセージ食べたり(20Ksh)

こういう買い食いが楽しかったりするんです。
やっぱりケニア好きだよ。

帰国するの寂しいな~。
[PR]
by chura-harufu | 2011-06-28 08:50 | ケニア生活
<< 第二回サッカー大会 ウォーキングサファリ >>



青年海外協力隊(エイズ対策)としてケニアでの生活をお伝えします
カテゴリ
全体
研修
ケニア生活
HIV/AIDS
病院
アロマ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
明日は初出勤
at 2011-07-31 00:39
沖縄でもケニアと交流中
at 2011-07-30 22:38
就職
at 2011-07-26 00:37
祝☆優勝
at 2011-07-18 09:59
いけてる伊計!
at 2011-07-14 15:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧