ケニアに恋して

<   2010年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

写真

今日はなぜか停電です。(隣の家は付いている。ジェネレーターかな?)

本も読めなくて暇なので、パソコンのバッテリーのあるうちにブログの更新でも。


赤道直下のこの国では、季節によって日が長くなったり短くなったりということはなく、大体毎朝6時半ころ明るくなり始め、夜も6時半ころ暗くなる。
日の出日の入りもあっという間で、夕暮れ時を楽しむ余裕はないかな。

ちょうど昼と夜の入れ替わる時間。
スワヒリタイムで7時をスタートにしてるのも納得がいく。(7時を1時と言うので、時々間違えてしまいます)

この6時間のずれは、ちょうどケニアと日本の時差に一致するのでスワヒリタイムで時間を言う時には、日本の家族や友人の事を思い出す。
ああ、今頃日本は真夜中なんだな。



日本から持ってきた荷物の一つに、プリンターがあります。
リュックに入ってしまうくらい小さな物で、誰かの情報で(誰か忘れたけど)持ってきて役に立ってると聞いて、出国直前に買いました。

しかし、今まで使う機会もなく、スーツケースに入れっぱなしでナイロビに置いたままでした。
しかも、同じものをナイロビのショッピングセンターで発見!
う~ん・・・。
わざわざ持ってくる事もなかったか。
でもまぁ、日本で買ったものなら帰ってからも使いやすいだろう。


今回、引越しの機会にナイロビからナロクの家に運びました。


せっかくなので使ってみよう。


という事で、JICAに提出する書類をまず印刷してみる。

おお、結構綺麗。


続いて、今まで撮りためた写真をいくつか出してみる。

うん、いい感じ。



前に家に招待してくれたメンバーズクラブスタッフのグレイス、病院に赤ちゃんを連れて来たホテル従業員のエルビス、スルル一家(アンの家族)、そして先日のウェディングパーティ。


うまく印刷できたので、それぞれの人達に配りに行きました。

グレイスは職場を変えて別のレストランで働いていたので新しい職場を訪ねて久しぶり~とハグ。

1ヶ月以上滞在していたホテルでも、従業員たちにあいさつしてエルビスに写真を見せると、もうデレデレ~っと親ばかぶりを発揮していました。
赤ちゃんの写真にキスして、何度も「ありがとう!」と、とても喜んでいた。
そんなに喜んでくれるならこっちも嬉しいよ。


アンの家では、家族の写真(主に子供たちだけど)を数枚渡しました。
アンのママがそれを見て、

「今度、マサイの正装で来るから、私の写真も撮って~」

「OK!じゃあ、頭の飾りも付けてきてね^^」


で、結婚式の写真も、アンのお店に来ていた旦那さんに無事渡す事が出来ました。
新郎新婦の写真がうまく撮れてたので、

「この写真、うちの奥さんに見せてもいい?!」

「もちろんだよ、持って行ってね。」

この結婚式以降、病院や町中でもムスリムの人達に声をかけられる機会が増えました。
一緒に踊った効果かしら?
仲良くなれたのはいい事です。
(ただし、ムスリムの人達の名前も難しくて中々覚えきれません)


気軽に写真を出せるってやっぱりいいね。
(多分ここでもデータを写真屋さんに持っていけば出せるんだろうけど、そこでウイルスに感染したって話も聞くのでちょっと怖い)

全部の写真をあげる事は出来ないけど、特別な日の写真を持ってあいさつに行くのもいい話のきっかけになって楽しいものです。



あ、そうこうしてるうちに電気が復活。

今はまだ8時半。(日本では2時半かな?)

寝るにはちょっと早いので、読書を楽しむ事にします。

明日はランプを買いに行こう。
[PR]
by chura-harufu | 2010-04-16 02:31 | ケニア生活

頼れるアライグマ君

引っ越しをして1週間。

やっと落ち着いた生活ができるようになりました。
初日に水が出なくて焦ったけど、その後の大家さんの対応はすばやくて助かります。
おかげで快適^^


水道をひねれば水が出て、シャワーも温かいお湯が使える。日本と変わらない生活。
でも、あまり甘えていてもいかん!と思うのです。


アンの家には水道がなくて、近くの共同の水道から何回も往復して水を汲んでタンクに貯めています。
たまに手伝うのですが、これがすごく重い。

お風呂も家の中にはないので子供たちをお風呂に入れるにも、テーブルを端に寄せて、お湯を沸かしてたらいに張って、そこで体を洗います。
(しかし、この時脱いだパンツで体を磨いてるのを見てかなり驚いた)

他の協力隊の中には電気も水道もないって人もいるので、私もできるだけ節約生活をしよう!と心に決めました。
まぁ、できるだけですが。


水の大切さは初日に実感してるので、なるべく無駄がないように使いたい。

シャワーを浴びる時は足元にたらいをおいて水を貯め、洗濯ものを一緒に洗ったりします。
で、使った水は別のバケツに移しておいて、トイレを流すのに使ったり、床を磨くのに使います。
おかげで最近トイレのレバーってあまりひねってないかも。

貯めるバケツには精油(大体ラベンダーだけど)を2,3滴落としておきます。
こうするとバスルーム全体がいい香りになるので気分も良い。

トイレ掃除も一緒にできるから毎日ピカピカだし。


お洗濯はホテルでもそうしてたけど、もちろん手洗いです。
ドミトリーでは洗濯機があったけど、ここで洗濯機なんて贅沢ってもんです。
(それでも二層式の洗濯機を使うのは初めてだったので、全自動の楽さを実感するのには十分でした)

お風呂と一緒にその日着てた服をごしごし洗うのですが、靴下みたいな小さなものは洗いにくい。
それに、塗装されてない道を歩くので靴下って結構汚れるんです。

う~ん。

お風呂場でいつも、ごしごし。
五本指の靴下を愛用してるけど、特に指の部分が洗いにくいのよね~


「あ!そういえば!」


そう、日本で買ってきたあれがあるじゃありませんか。




あらいぐまの形の洗濯板!!


百均で買った小さなやつですが、しっぽには洗濯ブラシも付いています。

小さすぎて、こんなの使うかなって思いつつ、スーツケースに入れたまま放置していました。

せっかく持って来たんだし使ってみよう。


荷物の中から引っ張り出して試しにごしごし。


おお!靴下の汚れが簡単に落ちる!
小さいけどその分使いやすい!

今まで軽く見ててごめんね、アライグマ君。
君の力を馬鹿にしてたよ。
先人の知恵って素晴らしい。

これで明日から、洗濯が楽しくなりそうです。
[PR]
by chura-harufu | 2010-04-13 03:58 | ケニア生活

黒い?

ケニアの地名は、マサイ語で付けられているところが多くあります。


首都ナイロビは「冷たい」という意味。
そういえば冷たいソーダを「ソーダ ナイロビ」って言ってるのを聞いた事がある。

きっと、昔誰かがナイロビに行って、「あそこは涼しいよ」って言ったんだろうね。

ナロクもそうだけど、ナイロビは比較的標高が高いのでけっこう、年中涼しいのです。
エルドレッドは更に高くて寒いらしいですが。


他にも、えのっちの行ってるナイバシャは「水がたくさんある」って意味らしい。
ナイバシャ湖があるからかな?

みほちゃんが行ってるナクルは「雷」
ゴロゴロ鳴ってる事が多いのだろうか。


そして私の住むこのナロクももちろんマサイ語。
意味は「黒」。


なぜ「黒」なのか?

アンに聞いてみても、
「なんでだろうね?私も分からないな~」

昔はこの辺りは黒かったのだろうか。
それとも、肌が黒いから?(それなら他の地域も変わらないはずだけど)


どなたか知ってる方がいたら教えていただきたい。
[PR]
by chura-harufu | 2010-04-12 01:27 | ケニア生活

星空のウェディング

マサイ族の多いナロクの町ですが、他にソマリア出身の人達も多く住んでいます。
(うちの大家もそう)

彼らはムスリムなので、服装は全然違うし、肌の色もマサイ族と違ってブラウン。

以前宿泊していたホテルの近く(アンの家の裏)にはモスクもあり、毎朝コーランの音で起こされていました。


昨日、アンの家に行った時、いつもあるニワトリ小屋が見当たらない。

「あれ?ニワトリの家どこにいったの?」

「ああ、明日結婚式があるから、その準備でどけてあるんだよ」

「え?ここで?」

「そう。ムスリムの人達が明日の夜ここで結婚式のセレモニーをするんだって。彼らの結婚式て、なぜか夜中なんだよね。」



まあ!それはぜひ見なければ。


という事で、夕方からアンの店で時間をつぶし、ソワソワしながら会場(アンの家の庭)へ。

いつもの庭が結婚式会場に早変わり。

テントや音響がセットされ、結婚式らしくデコレーションされてました。

夜8時頃から人が集まって騒がしくなり、子供たちは珍しがって私の周りに殺到。

カメラを向けると男の子も女の子も我先に撮って!と群がってくるので落ち着けるのが大変でした。

会場の配置が、男女はっきり分かれてるのも印象的。


音楽(多分ソマリア語で、何言ってるのか分からないけど)がかかり、庭がダンスバーに。

女の子たちに手を引かれて、私もダンスの渦に巻き込まれました。

小さい子たちも上手に踊ります。
私の踊りを真似して、同じステップを踏んでくるので試しにカチャーシーをやってみたらそれも真似してました。

そのうち、花嫁登場。次いで花婿が。

幸せそうなカップルを見ると胸がキュンとなります。


そのうち、何やら人が中心に集まりだした。

「あ、これ面白いから前に行って見てきなよ!」
とアン。

で、前に行ってみると、ソマリアの結婚式でいつも行われるというダンス。

男女が分かれて向かい合い、交互に前に出てきて競い合うようなダンスです。
手拍子と、ソマリア語の掛け声のリズムが楽しい。


その後もダンスは延々と続くのでした。


真夜中のウェディングは満天の星空の下。
夜空に浮かび上がるモスクはとても神秘的。

マサイの衣装も好きだけど、ムスリムの人達の服はキラキラしてて、でも品があってすごく綺麗なんです。
カラフルな衣装に身を包んだ女性達が音楽に合わせて踊る様子は心弾む光景でした。

a0155216_7353797.jpg

[PR]
by chura-harufu | 2010-04-11 07:36 | ケニア生活

映画鑑賞

今日までお仕事をお休みして、JICAへ提出する報告書を作成。

ホントはすでに期限が過ぎてるんだけど、お引っ越しのバタバタで遅れてしまいました。

けっこうめんどくさくて、まいった。


で、とりあえずなんとか形になったのでアンの店へ。

今日は旦那さんのジョンがいるので、また買い物に付き合ってくれました。


かわいいサンダルや、チャイを作るための鍋を購入。

アン「夕飯は何を作るの?」

私「今日はほうれん草が食べたいんだ」


というわけで、食材を買って子供たちも一緒に家に送ってくれました。

ケニアでは夜間の一人歩きは駄目だけど、いつもアンやアンの家族が送ってくれるのでありがたい。

アン「昨日はウガリ、うまく作れた?」

私「やってみたけど、アンのに比べるとちょっと柔らかすぎたよ。時間が短かったみたい。」


家に着いた頃にはすっかり暗くなっていたけど、何もない部屋とトイレが明るいので子供たちは大興奮ではしゃいで、家の中を走り回ってました。


テキパキと食材をセットして、ささっとウガリを作ってくれるアン。

玉ねぎを刻み、お肉を炒めて、後はほうれん草を入れて煮詰めるだけ。


「じゃあ帰るね~」

暗い夜道を子供たちと手をつないで帰って行きました。


ほんとに、ケニアのお母さんです。
いつもありがとうm(__)m

外から聞こえるコウモリらしい声をBGMに、おいしく夕食をいただきました。



ホテルの部屋やアンの家と違って、まだテレビがないのでちょっと寂しい。

そんなこと言ってるのも贅沢なんだけど、何かないかなって考えて、ずっと前に買ったDVDの存在を思い出しました。

ケニアでは最近の映画のDVDも格安で売っています。
(これは違法ではないのだろうか。まあいいや))

という訳で、今夜はヒュー・グラントの映画を見ながらまったり過ごす事に決めました。
英語のいい勉強になることでしょう。


仲良しのアンと
a0155216_3211086.jpg

[PR]
by chura-harufu | 2010-04-10 03:21 | ケニア生活

マサイカラー

引っ越し二日目。

やっぱり水が出ないので喉はカラカラだしトイレも入れない。

とりあえず身支度して、病院へ。
引っ越して職場まですぐの距離になったので助かります。

で、カウンターパートに、「引っ越しが完了しないんので今日も休みます」と伝えてDMOHの秘書室へ。

だいぶ前にJICAから届いていた浄水器とメガホン(ホントは初めから枕元に置いてなきゃいけないんだけど)を受け取ってテクテク歩いてると途中、お掃除の人に呼びとめられて、
「何か日本から荷物が届いてるよ」

先週沖縄の家族が送ってくれた物が来てました。
大きめの封筒に入るような量ならこんなに早く届くのね。
中身は母の手作りの小物や日焼け止めなど。
お母さんありがとう。



で、とりあえず荷物を家に運び、そのまま大家さんのところへ。
水が出ない事、セキュリティライトが切れてる事を伝えるとそのまま一緒に来てくれて、テキパキと対応して直してくれました。

正直、もっとウダウダ遅くなるんじゃないかと心配してたけど、予想外の早さにびっくり。
無事水も出るようになり、これで料理もお掃除もできそうです。

その後アンから電話があったのでお店に顔を出してみる。
「カーテンの取りつけが中途半端なままだったから、今日はお兄ちゃんに手伝ってもらってね。」

家族そろって、ホントにありがとうございます。

というわけで、いくつか必要なものをタウンで揃え、お兄さんのサムと一緒に家へ戻る。


作業の合間にアルバムを見ながらおしゃべりしたり、マサイについて教えてもらったり。

サムはマサイである事を誇りに思っていて、伝統や文化をとても大事にしています。
そして背が高く、手足が長い、まさにマサイ!って感じの人です。
昨日アンとカーテンを取りつけるのに届かなくて隣の家から椅子を借りて来たけど、サムは手をちょっと伸ばすだけで軽く届いてしまいます。

「やっぱりマサイの男の人って背が高いよね。」

「そうだよ。そしてだいたい痩せてるよ。牛を追うのに一日中歩いたり、牛を見渡すために
ジャンプするからね」

「へ~。あと、マサイの人って赤好きだよね。私も好きだから、気付いたらお部屋がマサイカラーなんだよ。」

「おお!そういえばそうだ!(嬉しそう)。ところで、マリエはマサイネームはないの?」

「え、ないよ?(他の隊員の中には現地語の名前をもらってる人もいるけど)」

「じゃ、つけてあげるよ。マサイでは生まれた時間や季節やその時の状況で付けたりするんだよ。何がいいかな~。」

いくつか候補を挙げた後に、一つの名前をくれました。

残念ながらマサイ語の発音はまだ私には難しくて覚えきれませんでしたが。
(アンもサムもマサイ語の名前は難しくてまだ覚えきれない)

意味は、「あなたが生まれてみんなが嬉しくて幸せ」。

「マリエがケニアに来て、みんなきっと嬉しいから。」だって。

とてもありがたい名前です。



サムがせっせとカーテンを取りつけ、蚊帳や洗濯干しを設置してくれたお部屋はだいぶ過ごしやすくなりました。
水が出るおかげでお風呂とトイレも綺麗になったし、初めて自分でご飯も作る事が出来ました。
夕食はアン直伝のケニア料理。
(必要な材料はサムが一緒にタウンで仕入れてくれて、値段も交渉してくれた)

色んな人に助けられながらのナロクでの生活。
毎日感謝する事ばかりです。
[PR]
by chura-harufu | 2010-04-09 05:37 | ケニア生活

お引っ越し

約束の火曜日。

朝からオーナーのところに行って話をしてきました。

引っ越せなかった分ホテルに滞在したため、この話し合いでこじれると自腹の可能性もあったのです。

でもなんとかうまくまとまって、契約書のサインも無事終了。

その後アンの旦那さんがタウンを一緒に回ってくれて、マットレスやシーツなどを購入。

注文していたベッドが出来上がっていくのを、アンの店から観察しながら今日のプランを立てる。


「カーテンはあの店で、カーペットはあそこで」

なんてアンと話しながらランチタイムが経過。

お昼過ぎに、今度はアンとアンのお兄さんがついてきてくれて、更に買い物を続ける。


とりあえず今日の買い物は済んだので、タクシーを使って新居へ。


出来上がったベッドを運んできた大工さんにも手伝ってもらってカーペットを敷き詰める。
(疲れてるだろうに、無料奉仕、ありがとうございます)

ベッドメイキングも終了して、なんとか今日は寝られる状態になった頃にはもうクタクタ。
テキパキと働いてくれたアンにまたまた感謝です。
そしてその間店番をしてくれたアンの旦那さんと同僚にも感謝。


しかしひとつ大問題が。


水道をひねっても水が出ません・・・。


え~!!
食事も作れないし、手も洗えないし、どうしたらいいのでしょう。


その時点でもう暗くなっていたので、大家さんに連絡するにも遅すぎる。


仕方ないので、ペットボトルの500mlと一瞬降った雨水で今夜は過ごすことにしました。

ちょっと協力隊らしい生活になったでしょうか。

お料理ができると思って期待していたのだけど、まぁ、こんなトラブルもたまにはいいかもね。
[PR]
by chura-harufu | 2010-04-08 05:38 | ケニア生活

HIV検査

ナイロビから戻って、今日は久しぶりの出勤でした。

久しぶりだから、なんとなく早く着いてしまい患者さんがいない。

暇だし、せっかくだからと自分のHIV検査をしてみる事に。

立場上やらなきゃと思いつつ、最近やってなかったからいいチャンスだ。


人に刺されるのやだから自分で自分の指をチクっと。
やっぱ痛い
私自身は採血されて倒れるタイプの人間です。
医療従事者なんだからと、いつも自分を奮い立たせて耐えてます。
そのぶん患者さんにもできるだけ精神的・肉体的な負担がないようにものすご~く神経使ってがんばってるつもりです。


検査結果を待つ間の15分間は、やっぱりちょっとドキドキするものです。

こういう精神状態を味わう事も、検査やカウンセリングする側には必要だって思うんだよね。
相手の気持ちを想いやれるようになれるはずだもの。


結果は無事陰性でした。

ホッ。

a0155216_075569.jpg


ラインが1本は陰性。


仕事の後、検査してみたよってアンに話すと、
「私の血を持って行って検査してくるってできないの?」
だって。

病院行くのは怖いんだって。
その気持ちは分かる気がする。
そういう声を聞くのも大事だね。
(でも、できないからやっぱりVCTセンターに行かなきゃだめだよって言いました)
[PR]
by chura-harufu | 2010-04-07 00:12 | HIV/AIDS

やっぱりケニアなのね

今日はナロクに帰ろうと、朝からタクシーに乗り込んだ私。

同期隊員でその先のキシィという町に行く人がいたので、ナロクまでは一緒に来てもらいました。


家が決まり、お引っ越しなのでドミトリーからスーツケースやら資料やら大量に持ち込んで、任地の家へ運び込む。


調整員と来た時に、壊れている部分の修理や色々取りつけるものなどを頼んでいたのでどうなってるかなってドキドキ。


だがしかし!!!



前回と全く何も変わっておりません。

天井には穴があいてるし、トイレの便座はないし(これは使ってないって隊員もいるけど、一応付けるって約束のはずなのに)、おまけに水も電気も使えません

床汚いからお掃除したいけど、この状態でどうしてよいのやら・・・。


一緒に来た同期が心配してくれて、大家さんのところに行ってみると、まさかの旅行中。

え~~っ!!


すぐに調整員に連絡すると、最初は水を買ってきてなんとかできないかと言われた。(確かに水も電気もないところに住んでる隊員もいるけどさ)

床、汚いし、クンビクンビだらけだし、トイレもすごい事になってるし。

どうにもならないので、結局またホテルに行く事になりました。

なんてこったい。

こんなことならもっとナイロビでゆっくりしてればよかったと、なんとも切ない気分です。



その後、アンに話したら、一緒にスーパーで掃除道具を買いに行って、隣の家から水を貰ってくれて、床掃除を手伝ってくれました(というか私が手伝っているような状態)


アンにはほんと~に感謝してもしきれません。

そんな訳で、無駄に疲れた一日でした。

明日はまた大家さんのところに行ってみます。

こんなんで大丈夫なのかしら~。
[PR]
by chura-harufu | 2010-04-04 20:06 | ケニア生活

カリブパーティー

カリブとはスワヒリ語のウェルカム。

昨日の日記にも書いてるけど、今回私たち21-3次隊がホストとなって、4次隊の歓迎会を開きました。


前日からみんなで手分けして料理や飾り付け、プログラムの準備をしていよいよ当日。

4次隊の中には協力隊の面接を受けたときに一緒だった二人もいて、その時以来の再会をとても楽しみにしていたのです。
しかもちょうどバースデー。
サプライズをするというのでわくわくです。
こういうの大好き。


結果、カリブパーティーはスムーズにいきました。
3次隊って、あまり一致団結って感じでもなくて、あんまりこういうの得意じゃない気はします。
先輩隊員たちにはボケ殺しの隊次だと言われる。
目立ちたいってタイプじゃなく、傍観者が多いんだよね。

しかし4次隊、こちらが滑っててもちゃんと拾ってくれるし乗ってくれる。
ああ、なんて素晴らしい♪
ホストなのにゲストに助けられてる私たち。
感謝感謝ですよ。

4次隊が用意してくれた出し物もすごく面白かった~

今回はホストなので、厨房で料理の準備や片付けなど、ちょっとバタバタしてたのであまりゆっくり新隊員とお話できなかったけど、これをきっかけにまた次お話できるかな。


今年ケニアは隊員数が100人規模になる予定とのこと。
どんなふうになっていくのか分からないけど、仲良く楽しく活動できたら嬉しいです。
[PR]
by chura-harufu | 2010-04-04 08:15 | ケニア生活



青年海外協力隊(エイズ対策)としてケニアでの生活をお伝えします
カテゴリ
全体
研修
ケニア生活
HIV/AIDS
病院
アロマ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
明日は初出勤
at 2011-07-31 00:39
沖縄でもケニアと交流中
at 2011-07-30 22:38
就職
at 2011-07-26 00:37
祝☆優勝
at 2011-07-18 09:59
いけてる伊計!
at 2011-07-14 15:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧