ケニアに恋して

宗教の話

最近、ホント毎日停電。
そんなに雨降ってる訳でもないのにな。

この時間になって復活してくれるので、まぁいいか。



ケニアに限らず世界中に派遣されてる隊員は、任国の人と宗教の話をする機会が多いのではないでしょうか。


私もケニアに来て何度この話になった事か。



今日のきっかけはTシャツでした。


お昼後、マンスリーミーティングの前にうちのカウンセラーズとおしゃべりしてると、カウンセラーの一人、キャロラインがTシャツの話を始めた。


現在ケニアの隊員数名で、Tシャツプロジェクトというのを立ちあげています。

被災地復興支援の募金活動の一環として、自分たちでデザインしたTシャツを販売、利益分を日本へ送るという企画。


募金も目的ではあるけど、そのTシャツを着る事で気持ちを一つにしようという考えだそうです。

私は特に職場では宣伝してなかったんだけど、キャロラインが別の人から聞いてきたらしい。
ちょっとびっくりした。



それで津波や原発の話になり、みんな

「お金あったら私もTシャツ買うね」

とか、

「買えなくても私達、祈ってるから」

って言ってくれた。


こちらの感覚ではあまり安いものではないので無理はしなくていいんだけど、そう言ってくれた事が嬉しかった。



その流れで話題が「祈り」についてへ。



「日本はクリスチャン少ないんでしょ?何に祈るの?」

と、ルーシー。

「マリエは何を信じてるの?」

と、キャシー。


さぁ、困った。

この手の質問はホントにしょっちゅうされます。


その度に説明が難しい。


幼稚園はカトリック系のとこに通ったし、教会にも何度も行ってる。

周りにクリスチャンの友人は多い。


それで最終的に信じるか?って言われると、

「う~~ん・・・。」

ってなってる訳です。


自分って何だろうって考えると、感覚的には仏教とか神道がやっぱ近い気がしてしまう。
と言っても、どっちにしろあんまりちゃんとは知らないんだけどさ。



「日本では、クリスチャンもいるけど、大体の人はsmall g(god)じゃないかな。big g(God)じゃなくて。」

つまり、一神教じゃなく多神教。


元々、八百万の神がいる国だし。

だから他の宗教が入ってきても割と柔軟に対応できるんじゃないかな。
今の日本、ケニアみたいに普段から神様、神様って言ってる人の方が少ないだろうけど。


初詣とかお盆とかシーミーとかするけど、クリスマスもやる。

節操無いって言う人もいるけど、それはそれでいいんじゃないかと最近は思ってる。

だって、一神教の、他を否定するような言い方って怖いんだもん。



「神様」って存在を信じてない訳じゃないんです。

むしろ世界の事とか、私たちの体とか、考えればあまりに不思議で、「大いなる存在」を感じずにいられない。


でもそれだけ大きな存在なら、私達人間が全て理解するのも難しいんでないかと。

だから分かりやすい形に翻訳されたのが宗教?




神様を信じるのはいいんだよ。

信じる事で心安らいだり、優しくなれたりするし。

実際、みんなが祈ってくれてる事が嬉しかったし。


ただ気になるのは間違った方向に行く場合もあるって事。

宗教が原因で戦争になったり、政治に絡んで悪用されたり。


何か困った事があったらすぐに、「祈れば神様が助けてくれる」って言うのもなんだか納得できない。

悪い事しても、「祈ったから許してもらえる」と思ってないか?って感じる事も。

なんか違う。



私が感じてるのは、どっちかって言うと自然そのものの様な、形にならないもの。

アニミズムなのかな。


全てのものを神様が与えてくれたから神様に感謝するっていうより、その恵みそのものに感謝する感覚。


それを伝えるのって難しいんだ。



「今日の私はパスター・キャシー。さぁ、なんでも質問して!」

とキャシーがクリスティアニティについてとかイスラム教の起源とか色々教えてはくれた。

もうちょっと勉強してみようかな。



宗教に関しては、この先も何度もこういう話題が続きそうです。







ちなみにその後のミーティングでは品質保証チームに入る事になりました。
参加したくて手を上げようか迷ってた時、

「マリエ、やってみない」

って言われて即決。


サービスの質の向上とかデータ管理とかやるみたいだけど、私としてはラボの環境改善に貢献できればいいなと思っています。
[PR]
# by chura-harufu | 2011-04-13 22:45 | ケニア生活

ダンスナイト

今日はナロクでダンス大会の日。


町中にポスターも貼られてるし、さぞや立派な大会であろうとほのかに期待してみたけどまたしても・・・。


朝の10時に来てと言われたのでちゃんと行ってみたけど、やっぱり誰もいない。


まぁ、ねぇ。そんなもんだよね。


しばらく待ってみると、この辺ではあまり見ないようなおしゃれボーイズが登場。


音響とか運び込んで準備を始めた。

どうせすぐには始まらないだろうと、庭に座って読書しながら待つ事に。


やはりいっこうに始まらない。

「こりゃだめだ」と思って一度帰宅してランチを済ませて戻る。

それでも始まらない。


3時前の時点で始まってなかったので、結局そのまま帰ってきちゃいました~。


Hapa ni Kenya!!



だって、この後夜は別に予定入ってるんだもん。


結婚式に呼ばれてるんです。


ナロクに来て一度もマサイの結婚式に出席した事ないけど、ソマリア人の結婚式は2度目。



これ好きなんだ


ムスリムの衣装は普段から綺麗だなって思ってるけど、結婚式ではこれでもか!ってくらい着飾ってるので眺めてるだけでも圧巻。

a0155216_12123726.jpg


カラフルな布がキラキラに装飾されてて、熱帯魚か蝶々みたい。

a0155216_12201929.jpg


ソマリアの音楽も結構好きで、ヒラヒラと踊ってる姿がまたキレイ。

a0155216_12172154.jpg


後半になって踊りの輪に入れてもらって、一緒にヒラヒラ。


おばちゃんがバトル(?)を仕掛けてくるのでこちらも負けじと踊りまくる。


いや~楽しかった。


さすがに途中で帰ってきちゃったけど、宴は夜通し続くのでした。

a0155216_12225919.jpg

花嫁の先導の子供たち

a0155216_12262272.jpg

本日の主役二人

a0155216_12274831.jpg

エスコートしてくれたオサマとシュクリーン
[PR]
# by chura-harufu | 2011-04-10 12:10 | ケニア生活

モバイルVCT

朝から続いていた停電からやっと復活。

暗い中PCも携帯も充電切れでどうしようかと思った。




昨日と今日は、ナロクの高校でサッカー大会がありました。

Safaricom(ケニアで一番大きな電話会社)がスポンサーになってるので、さぞや立派な大会であろうと思っていたけど、意外にしょぼかった。

a0155216_4215237.jpg



それでもせっかくのイベントなので便乗しようと思い、カウンターパートや上司に掛け合ってVCTを出す事になりました。


おかげで昨日は朝からパタパタ。

テントや車の手配の為に、あちこちのオフィスを行ったり来たり。


なんとか無事行けてホッとした。
a0155216_42340100.jpg

VCTの案内をテントに貼りつけてるところ。


受診者の数はそう多くはなかったけど、若い人とたちの声を聞けて良かったです。

a0155216_4362951.jpg


DJが率先してVCTの紹介をしてくれ、マイク片手にフィールドで

「自分のステータスを知ろう!」

と叫び、そのままVCTテントへ。

a0155216_438545.jpg

自分の検査を実況中継してくれたのが面白くて、その後ちょっとVCTが賑わいました。



心残りなのは、現在全国的にコンドームが品薄状態で配布が出来なかった事。

結構欲しいって言われたんだよね。残念。

コンドームの事「CD」って言うの初めて聞いたわ。





6月にはまた私が主催するサッカー大会も企画中。

前回のよりパワーアップして楽しめるようにがんばろう。

a0155216_4394354.jpg




明日はダンス大会と結婚式。

久々に忙しい週末だ。


http://www.youtube.com/watch?v=uIBHuqeis3U

SafaricomのCMは、ケニアではお馴染み。
私も着うたに設定してる。

ケニア各地の風景が綺麗でかっこいい。
[PR]
# by chura-harufu | 2011-04-09 04:48 | HIV/AIDS

洪水

雨季に入って潤っている任地ナロク。


でもちょっと降り過ぎみたい。



昨日の夕方帰宅して、窓から雨を眺めているとアンからの電話。


「マリエ!水がすごいよ!。車が沈んでるよ~。」

どうも興奮している。



アイリーンと他の隊員がナイロビからちょうど来てたので、ステージまで行ってみる事に。


家を出ると、すでにその時点でちょっといつもと違う。

前の通りに車がずらっと並んでる。

a0155216_43489.jpg



メインロードまで進んでいくにつれて人だかり。



タウンは洪水になっていました。
a0155216_46474.jpg



メインロードは川に姿を変えてる。



あちゃ~。



あんまり普段変化がない生活をしてるのできっとみんなワクワクしているのでしょう。

洪水になってる周りに人が集まって、携帯で写真を撮ったりしている。


でも 「水が来るぞ~」

と誰かが叫んだ瞬間、一気にみんなパニック。

私も腕を掴まれ泥まみれになりながら走らされた。
(後で腕を見ると青あざに・・・)


なんとか水の少ないところを探してステージまで行けました。

a0155216_475969.jpg


この洪水で子供が流されて亡くなったらしい。

ニュースがテレビでも流されて、心配した同期隊員が電話をかけてきてくれました。


毎年洪水の被害はあるらしいけど、ちゃんと何か手は打っているのでしょうか?


洪水の原因もいくつかあるんだろうけど、森林伐採が進んで土地が水を蓄える力を失くしてるっていうのもあるようです。


環境教育も必要なんだろうな。





だからという訳じゃないけど、今日はアイリーンの職場のフィールドワークについて行って、植林をさせてもらいました。

a0155216_4111580.jpg


日本人3人、子供たちに囲まれながら、体力勝負。


途中の道で何度も車が泥道にはまって立ち往生したり。
a0155216_4135943.jpg



ハプニングはあったけど、中々いい経験だったと思います。




おまけ。


途中で寄った市場で。
a0155216_4155741.jpg


お茶かなと思ったら噛みタバコと鼻タバコ(?)でした。
なんか怖くて試せなかった。
[PR]
# by chura-harufu | 2011-04-01 04:17 | ケニア生活

トナカイ、その後

痛みと恐怖で眠れぬ夜を過ごした週末でした。


1日3回、カウンターパートが処方してくれたお薬を飲み、ついでにダメ押しでオレガノカプセルも飲み続けました。


真っ赤に腫れあがり、ピカピカと輝いていた鼻もおかげさまでやっと落ち着きを取り戻しました。

鼻ってあんなに光るんだね。

今となっては写真に収めておけばよかったとちょっと残念に思ったりもします。

パンパンに腫れてた分、それがしぼんでちょっとすり剥けた感じになってるけど。


.ただならぬ痛みを味わい、もう、鼻が痛風か?って思ったよ。


今も押したりするとちょっと痛いけど、普通にしてる分には平気。



やっぱ健康って大事だなぁ。

精神的には最近とても元気です。

この調子で活動ももっと頑張りたいものですね。




相変わらずポレポレと入力作業をしていますが、今日は午前中ラボの検査技師と話し合いました。



前からなんとかしなきゃとは思ってたんだけど、ラボの環境改善が今のところ目標。

問題はいくつかあるんだけど、前から疑問だった事もちょっと解決した。

今度病院の上の人にも相談して、上手く話を進められたらいいな。


やっぱ私も、検査技師の仕事したいな~。
[PR]
# by chura-harufu | 2011-03-30 05:24 | 病院



青年海外協力隊(エイズ対策)としてケニアでの生活をお伝えします
カテゴリ
全体
研修
ケニア生活
HIV/AIDS
病院
アロマ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
明日は初出勤
at 2011-07-31 00:39
沖縄でもケニアと交流中
at 2011-07-30 22:38
就職
at 2011-07-26 00:37
祝☆優勝
at 2011-07-18 09:59
いけてる伊計!
at 2011-07-14 15:07
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧