人気ブログランキング |

ケニアに恋して

お引っ越し

約束の火曜日。

朝からオーナーのところに行って話をしてきました。

引っ越せなかった分ホテルに滞在したため、この話し合いでこじれると自腹の可能性もあったのです。

でもなんとかうまくまとまって、契約書のサインも無事終了。

その後アンの旦那さんがタウンを一緒に回ってくれて、マットレスやシーツなどを購入。

注文していたベッドが出来上がっていくのを、アンの店から観察しながら今日のプランを立てる。


「カーテンはあの店で、カーペットはあそこで」

なんてアンと話しながらランチタイムが経過。

お昼過ぎに、今度はアンとアンのお兄さんがついてきてくれて、更に買い物を続ける。


とりあえず今日の買い物は済んだので、タクシーを使って新居へ。


出来上がったベッドを運んできた大工さんにも手伝ってもらってカーペットを敷き詰める。
(疲れてるだろうに、無料奉仕、ありがとうございます)

ベッドメイキングも終了して、なんとか今日は寝られる状態になった頃にはもうクタクタ。
テキパキと働いてくれたアンにまたまた感謝です。
そしてその間店番をしてくれたアンの旦那さんと同僚にも感謝。


しかしひとつ大問題が。


水道をひねっても水が出ません・・・。


え~!!
食事も作れないし、手も洗えないし、どうしたらいいのでしょう。


その時点でもう暗くなっていたので、大家さんに連絡するにも遅すぎる。


仕方ないので、ペットボトルの500mlと一瞬降った雨水で今夜は過ごすことにしました。

ちょっと協力隊らしい生活になったでしょうか。

お料理ができると思って期待していたのだけど、まぁ、こんなトラブルもたまにはいいかもね。
by chura-harufu | 2010-04-08 05:38 | ケニア生活
<< マサイカラー HIV検査 >>



青年海外協力隊(エイズ対策)としてケニアでの生活をお伝えします